ネットで稼ぐ上で暇な時にやるといいこと

稼ぐってのはPVとか人気とかほにゃららとか。
記事書け。もしくはコード書け。
って言ってしまうとほんと終わってしまうんですけど、まぁ結局そういうことになります。だいたいみんな言ってますよね。

コードの場合は一個でもいいのでチケット(課題)を消化しましょう。

記事の場合は書く記事はなんでもいいです。
普段考えていればむしろ書くべきこと・書きたいことはいくらでも思いつくはずです。
もちろんメインで運用しているサイトのテイストにマッチしていない記事を書きたい時もあるでしょう。ならばマッチしていない記事を書けばいいのです。

私の場合で言いますと、すでに結構な数のサイトを運営しているので、書こうと思った記事はどこかのサイトにはマッチします。だからどこかに書きます。
どこにもマッチしていなかったら、近いうちに新しいサイトをつくろうと思ってとりあえず適当な場所に記事の下書きを作っておきます。

サイトを新しく作るときは

サイトをつくろうと思ったら、そのサイトで揃えておきたい記事のタイトルを先に入力しておきます。
そして暇ができた時には、まだ未完成の記事一覧を見て、その時のテンションで書けそうな記事の本文を埋めていきます。
どうしてもテンションが上がらない時は今までに書いた記事の修正や補足を行うことでもいいでしょう。

SEOとかめんどくさい

最近の私の流行りは検索に引っかからない記事です。この記事もそうなんですけど、記事で狙うキーワードとか設定していません。
ただ筆の赴くままにキーを叩いているだけです。こういうやり方をしていると、だいたいの記事作成が徒労に終わります。つまりアクセスが稼げない。

まぁ記事書くことって楽しいですけど、真剣に書こうと思うとまたこれがけっこう大変なんです。
チラシの裏に好き勝手に書く分にはダーッて適当に打って終わりにできますけど、セールスを成立させるための文章を書こうと思ったら、またはSEOとか考えだして記事書き出したらすっごく頭が疲れます。

ハッキリそんなことはあんまりしたくない。特にこのブログとか趣味でストレス解消がてら書いてるだけだし!
って言う訳でこんな感じに衝動を発散させただけの記事とか、これを読んでいる人も書いたら良いと思います。

どーでもいいサイトでSEOSEOとか言ってても疲れるだけだし、高品質コンテンツ!とか言ってもまた大変。たまにはその辺を忘れてなんとなーく気の赴くままに手を動かしてみましょうや。
特に仕事でオウンドメディアの運用と記事の作成とかさせられている人は、ノウハウ記事主体で書いて頑張っておられると思いますけど、たまには適当なのを混ぜ込んでもええんやでー。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする