XAMPPのPHPを5.6から7.1に差し替えた話

そろそろ全面的に7以上に移行したかったのです。
PHPのバージョン5系統はオワコン気味な風潮をひしひしと感じるので、EOLになる前に現在メンテ中のアプリケーションは軒並み移していかなければいかんのです。

とはいえ基本的に全部そのまま動くはずではあるのですけど。

具体的なアップグレード方法

端的に手順を書く。

新しいPHPをダウンロードする

Windows版のPHPをダウンロードする。注意点はx86(32bit)の、スレッドセーフ版のzipをダウンロードすること。
ダウンロードページ

XAMPP内のphpフォルダの名前を変えておく

とりあえずphp56とでもしておいた

phpというフォルダを作る

zipを展開したフォルダをphpというフォルダ名にして、xamppのインストールフォルダに移す

php.iniを編集する

古いphp.iniをもってきてもよかったかもしれないが、設定項目名が変わっているかもしれないので、zipに同梱されていたphp.iniを編集した。

apacheのphp設定をいじる

デフォルトだと、apache/conf/extra/httpd-xampp.confのやつ。
php5の設定になっているから、7に変えていく。5を7に置換していけばOK.

apache起動させる

これでうまくいく人は行く。
私は行かなかった。詳細下記。

はまった点

私の場合、extensionのcurlを有効化していたので、ここがネックでapacheが起動しなかった。
解決策は、PHP7のフォルダに入っているPHP本体以外のDLLをapacheのフォルダ内にコピーして移す。

要はphp_curl.dllはいくつかの外部DLLに依存するのだけれど、その依存先のDLLのバージョンが合っていない、ということでした。

ここまでやって、やっと動きました。
curl使っていなければこの手順は不要ですね。

結論

結論を言えば、XAMPPを丸ごと入れなおして、htdocsとmysqlのdataファイルを移したほうが早い。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする