スマホアプリを作ることになったその3

連載もの。
スマホアプリを作ることになった。その1
スマホアプリを作ることになった。その2

ついに開発していたアプリが完成しました。
友人と今月のダウンロード数を競っているので、皆さんどんどんダウンロードをお願いします。

脱力系バッティングゲーム「重いコンダラ」宜しくお願い致します。
ic_launcher

完成してからのリリース作業が本当に大変でした。
ゲームと完成させるまでは、作業日数的には大体5日ぐらいだったんですが、リリース作業同じぐらい時間がかかりました。
マルチ解像度対応や、様々なサイズのアイコン作成、スクリーンショットの用意など。

アプリのアイコン作成には、こちらのサービスが便利でした。
iOSアプリのアイコンの一括リサイズをやってます

そしてなによりAppStoreの審査に提出するためのXCodeのビルド設定がさっぱりでした。
何回やってもArchiveとCodeSigningがうまくいかず、設定を変えてはビルドするの繰り返しで数日を要しました。
最終的にはある中国語の記事が役立ってくれて上手くいったのですが、これに関してはまた改めて「初めてでもできないと困る!iOSアプリのリリース手順」とでも題してまた書きたいと思います。

数年前に「初心者がアプリ作ってみた!」みたいな記事が流行っていたこともありましたが、やはりというべきかなんというか、こういうサクッとしたゲームなら本当に数日でできてしまいますね。
Cocos2d-xのような優秀なライブラリがあってのことだとは理解していますが、なかなか面白かったです。
バージョンアップで、インターネットランキングと広告表示を実装予定です。また、時期未定ですがAndroid版もリリースを予定しています。

次になにかiOSアプリを作るならSpriteKit+Swiftでやってみたいですね。今回は出番がなかったのですが、deploygateとかも使ってみたいです。
このアプリ開発やそれ以外にもいろいろとやることが重なってしまい、しばらくブログの更新が滞っていましたがまたボチボチと書いていくつもりです。

あ、あと今の会社を今月末で辞めることにしました。
退職エントリは書く予定ないですし、次に何するか全然決めてないんですがお仕事の依頼などは受け付けております~。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする