iOSアプリをリリースする際のプロビジョニングの設定

先日アプリをリリースするために、アーカイブしていたときのことです。
以下のようなエラーメッセージが出て、にっちもさっちも行かなくなってしまいました。


*** has conflicting provisioning settings. *** is automatically signed, but code signing identity iPhone Distribution: **** has been manually specified. Set the code signing identity value to "iPhone Developer" in the build settings editor, or switch to manual signing in the project editor.
Code signing is required for product type '***' in SDK 'iOS 10.0'

内容から察するに、コードサイニング用の証明書の設定がおかしいということはわかるので、Xcodeで何度も何度も設定を変えてはビルドしを試していましたが、さっぱり解決しませんでした。

結論から言えば以下の設定で通ります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-22-16-04

developerとdistributionの混ざり方が肝。イマイチなぜこの設定が正しいのかは理解していないのですが、ハマりにハマった(ビルド一回に時間かかるせいもあって2日ぐらい)ので、ここに記録として残す。

ちなみにこの答えを教えてくれたのは、以下の中国語のサイトである。多謝多謝。
iOS “项目名” has conflicting provisioning settings.

あと直接ではないけれども以下の記事も参考になった。
Xcode 8: xcodebuildで、Automatic Signingに対応する

アプリもよろしくお願いします。

脱力系バッティングゲーム「重いコンダラ」宜しくお願い致します。
ic_launcher
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする