WordPressでブログするなら「deviantART muro」と「ペンタブ」を導入すべし

ブログを書く上で非常に面倒くさいものが『画像の用意』です。
画像素材サイトのまとめ記事は大体ホッテントリ入りしていることからもその需要は容易く伺えます。
前回の記事で置いておいた
78692eb8438a92f7e11a516981ad7fad
はPowerpointで作ったものですが、実際のところ簡単な図表を置いたほうが説明が楽なことは山ほどあります。

そんな時にインフォグラフィックをillustratorなどで作るスキルがあれば別ですが、そうでなければ都合のいい画像を探すのが大変です。

さてそこで役立つ2つのアイテムがあります。
最初の一つはWordpressPlugin。「deviantART muro」です。
このプラグインは、メディア追加の際にWordpress内で絵を描くことを可能にする、いわばWP内お絵かき掲示板プラグインなのです。

こいつをインストールして、wordpressの記事作成時に「メディアを追加」を押してください。

deviantART muroという項目の位置の説明画像
deviantART muroという項目が増えています。

後は絵を描いてアップするだけです。deviantARTのアカウントを持っていない場合はExport Imageを使うととりあえず新規のタブに描いた画像が出るので、それを保存してアップロードします。わたしはdeviantARTのアカウントを忘れてしまい、取り直すのも面倒なのでこれで使ってます。

お絵かき中の絵
絵を描いて……

で、こういう図形を書くときに必要なのがペンタブ(タブレット)です。まぁ説明図等を描くぐらいなら安いIntuos(旧Bamboo)でいいでしょう。現状(2014年秋の時点のモデルで)タッチ機能は非常に微妙なので、なくていいでしょう。落書き用途ならなおさらです。

ちなみに私の愛用タブレットはIntuos proです。絵を描くのも趣味の一つなので、買いました。↓の奴です。

iPadなどのタブレットでブログを更新している人はスタイラスがあれば大丈夫です。Intuos Creative Stylusはかなり最高です。ちょっと触っただけですが、iPadを持っていれば絶対に買ってると思います。……まぁ、買ってそれでどれぐらい描くかはおぼつきませんが。

Wacom Intuos Creative Stylus iPad用筆圧ペン ブラック CS500PK0
by カエレバ

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする