起業家の友だちがいるとありがたいという話

起業家もしくは副業を持つ友人を増やすと、実利面とメンタル面でメリットが有ります。
まぁ実際結構やってると、紹介で雪だるま式にそういうツテも増えていくのですが、最初のうちは意識したほうがいいかもです。

仕事が来る、お願いできる(実利のメリット)

ちゃんと仕事のことも信頼できるな、っていう友だち関係があれば、何かあった時に仕事が振ってもらえたりします。
これも美味しいですし、逆になにか困ったときに知り合いに仕事をお願いできるのは、それ以上に素晴らしいです。
実際仕事を外注するのは結構難しくて、ここで詰まってしまってビジネスを大きくできない副業家は多いです。
信頼できる外注先があるとないとでは、ぜんぜん違うんですね。これはお金を出せばいいってものではありません。

デザインのフィーリングが合ったりや、自分の言葉をよく理解してくれるデザイナは貴重ですし、システム開発なんかも仕事を頼んだことがないところだとやっぱり実力が分かりません。
そう考えるといつものところに頼みたくなるのが人情ですし、知人友人はやっぱりすごくありがたい存在です

あとやっぱりいろんなノウハウ・情報もその知人ネットワークで出回ります。ほんと。
具体的に走らそうと思ってる案件とか、ネットにわざわざ書かないですけど、あったら色々「こういうこと考えてる」とかしゃべりますからね。

商売がらみの雑談ができる

やっぱり商売していない人に、例えば新しく考えた商売のネタの話をしてもあんまり響かないことが多いです。
起業系の自己啓発本でも、よくリスクを周囲の人間は強調してくるが、それほどでないことも多いみたいなことが書いてあったりしますが、そんな感じです。

でも起業家の仲間ならそういうレベルで話が終わることはあんまり無いので、ここもっとこうしたら?とか、誰々さんなら手伝えると思うから紹介するよ、とか、これ手伝うから一緒にやろうよ。とか色々話が広がることが多いです。
実利といえばこれも実利なのかもしれませんが、そもそもこういう話ができるっていうのは結構メンタル的には助かるんですよね。

もちろんなにか嫌なことがあった時も同じです。
商売の話をフツーに聴いてくれるひとが居ないと、やっぱり失敗した時とか、うまく行った時に感情を人と共有できないのでつまらないと思います。

経営者は孤独とか言いますし、多分この辺は人によるんだろうとは思います。
ただそうは言っても、結構こういう話をできるとできないでは気持ちの持ちようが変わってきますし、そもそもこういう話が好きだから商売やってるってのもあるんですよね。

ってなわけで、そういう商売話ができる友人は大事ってことで。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする